神戸のロシア語学校

ロシア語学校  「ローディナ」について

 

自己紹介をします?

私たちは経験豊富な教師であり、私達はロシア語教育に仕事に専念しており、ロシア語の普及や日本でロシア語を話す子どもたちの将来に夢を育んで行きます。私達は、約束します。

 私たちの主な目標は何ですか?

私たちの目標は、ロシア語を学ぶ子供たちがロシア語を習得し、ロシアの文化と伝統を完全に理解できるようにすることです。さらに、日本におけるロシア語文化の発展と拡大のため、文化的およびロシア語の普及に努めます。

どのように活動を目指していきます?

私たちの学校は、ロシア語スピーチの上達、ロシア語の習得、ロシア文学へのアプローチ、私たちの周りの世界、そして国際コミュニケーション言語としての英語などの科目を教えていきます。 

私たちローディナのプラン?

生徒数の増加、学習する科目の数の増加、クラスへの適切な教材の提供、課外教育イベントの実施、ローディナからアウトリーチのこどもキャンプなどの開催に努めています。

学校の勉強

土曜日のクラス9:30から17:00

休日(非稼働)日:

正月1月1日

成人の日1月14日

建国記念の日2月11日

春分3月21日

昭和の日4月29日

4月30日休み

5月1日のメーデー

憲法記念日5月3日

みどりの日5月4日(土)

こどもの日5月5日

休み(こどもの日ではなく)5月6日

海の日 7月15日

山の日8月11日

休み(山の日ではなく)8月12日

終戦記念の日8月15日

秋分日9月23日

体育の日10月14日

文化の日11月3日

休み(カルチャーデーの代わり)11月4日

勤労感謝の日11月23日

天皇誕生日2月23日

10月5日、ロシア連邦中央委員会にロシア語学校の「クリエイティブワークショップ」に“ローディナ”が認証オープン。

毎週土曜日に!

最も若いグループ- 4歳〜6歳。

中間グループ-7歳〜9歳。

古いグループ- 9歳〜14歳。

クラス時間は午後9時から午後17時00分まで。

子供にロシアの民俗文化の起源を紹介する。

ロシアの伝統の世界に飛び込みます。

自分の手で多くの興味深い工芸品や図面を作成します。

トレーニングプログラム:ロシアの民間伝承、民俗、芸術、工芸の基礎知識。

私たちの祖先の生活と文化の世界への没頭。

ロシアの古典作品とその作者との知り合い。

図面の基本を徐々に習得する。

さまざまな素材や技法を扱うスキルの習得。

細かい運動能力の発達、語彙の拡大など

来て!面白いでしょう!

1回のレッスン料金は750円です。

場所:兵庫県神戸市兵庫県中央区吾妻通4丁目1−6

電話:090-6246-1581ミレーナ

電話:080-3831-3061エカテリーナ

電話/ファックス:078-599-5528

カテゴリー:在日本ロシア文化支援センターKOBECENTERのロシアの学校

16 февраля 2019г. состоялся литературно-музыкальный вечер “ПЕВЕЦ РУССКОЙ ДУШИ”, посвященный 200-летию со дня рождения И.С.ТУРГЕНЕВА-великого русского писателя, поэта, драматурга, публициста. На вечере можно было ознакомиться не только с биографией писателя, но так же узнать интересные факты из его жизни. Была возможность окунутся в мир тургеневских героев, вспомнив знакомые страницы его произведений: “Записки охотника”, Му-му”, “Отцы и дети” и др. На вечере звучали романсы ,которые исполнила замечательная певица (сопрано) – Наталья Козлова . Театральная мастерская “Фантазия” показала мини-спектакль, в котором приняли участие маленькие актеры. Этот  замечательный вечер состоялся благодаря работе Юлии Шальновой, увлеченной творчеством и жизнью И.С.Тургенева .Так же в программе участвовала творческая группа ,состоящая из наших соотечественников. В завершении всех гостей вечера пригласили на чаепитие во время которого можно было поделиться впечатлениями .