文学哲学の夕べ ー 『われら』はエヴゲーニイ・ザミャーチン。

Published by Milena Nurpeisova on

11月7日(土)17:00私たちはあなたを文学-哲学の夕べに招待します。

トピック:現代の認識における「われら」エヴゲーニイ・ザミャーチン。ポストモダン社会における「私」と「私たち」。

キーワード:社会技術、疎外、ポストモダニティ、個人、「私」-自己、個性、「私たち」-疎外された「その他」、透明性/透過性、社会空間簡単な説明:ザミャーチンの小説「われら」は、ソビエト国家の議論の文脈で最も頻繁に言及されており、小説をその現実の反映と見なしています。しかし、この作品は、オルダス・レナード・ハクスリー、ジョージ・オーウェル、および他の多くの著者の作品とほぼ同じ時期に作成され、私たちが思うように、単一の説明だけでなく、特定の歴史的期間の状態、当時の社会で起こっているはるかに深いプロセスに影響を与えました。ザミャーチン、ハクスリー、オーウェルの小説と当時の哲学者の作品との類似点を描きながら、小さな哲学的な読みの枠組みの中で、「この小説で実際に何が語られているのか」という質問に答えようとします。組織形態:円卓会議。

プログラム:

1)ザミャーチンと彼の小説によるプレゼンテーション(20〜25分)

2)ディスカッションの出発点は、ディスカッショントピックの定式化とディスカッションです。(ザミアティンの英雄の世界は私たちから遠く離れていますか?小説で全体主義国家のモデルだけを見ることが本当に可能ですか?今日の文脈で小説で提起された主な問題は何ですか?)(10〜15分)

3)ザミャーチンの研究に基づく自由な議論。 (1.0時間以内)時間:1.5-2.0時間

講師紹介:Krasina O.V.、政治科学専攻、准教授(モスクワ教育州立大学)、50以上の出版物の著者(4つのモノグラフ、英語の7つの出版物、日本語の2つの出版物を含む)、その他、多くの国際的およびロシアの研究プロジェクト。彼は現在、多くの日本の大学(神戸大学、神戸市外国語大学、武庫川女子大学)で教えています。

会場:コミスタ神戸/コミスタこうべ(神戸市生類学習支援センター)

〒651-0076兵庫県神戸市中央区吾妻通4丁目1-6、201室(〒651-0076、神戸、中央区、吾妻通、4-Chome-1-6、201)

価格:1000円Tel。:090-6246-1581(コロナの対策がありますので、参加のお知らせ下さい。マスクはお持ちください。)

PS:文学と哲学の夕べに参加したい人は、まずエヴゲーニイ・ザミャーチンの小説「われら」、オルダス・レナード・ハクスリーの小説「すばらしい新世界」、ジョージ・オーウェルの小説「1984」を読むことをお勧めします。これらの作品の類似点と比較を描くことは興味深いでしょう。」