神戸での第5回ロシアン・フェア 扇千恵(主催者)

Published by Milena Nurpeisova on

10月6日、7日、8日、神戸は「ロシアン・フェア 2019年」を開催しました
10月6日初日、映画「Reminiscence」2016が上映されました。井上正樹監督の作品。ジャンル:ファンタジー、ドラマ、探偵。日本、ロシア。(1:29)この映画は、日本とアメリカで多くの賞を受賞しました。現在、井上正樹は新作映画「ソロキンが見たさくら」を制作中。この映画は、四国松山でのロシア人囚人と日本人女性の愛情を物語っている。
10月7日には、日本人オーディエンスのためにロシアのロマンスを歌った歌手ミレーナ・ヌルが演奏するコンサートが開催され、ファンタジア劇場ワークショップの若い俳優たちもテレモク人形劇で上演しました。
フェスティバルでは、ロシアからの商品、食べ物、ロシアのお土産、ビート(天然、缶詰ではない)、ピクルス(ロシア語)などがありました。ロシアの本やロシア映画のDVDを購入することもできました。
フェスティバルに関するビデオへのリンク:https://www.youtube.com/watch?v=ajAx5lm5G5o&t=4s