”マスレニツァ” 2019 神戸

Published by Milena Nurpeisova on

2019年2月20日に阪原エカテリーナ 発
マスレニツァは3月9日に神戸で開催されました。これはこの都市で開催された最初のマスレニツァです。
劇場ワークショップ「ファンタジー」に大人と子供が参加するコンサートプログラムが発表されました。若いアーティストは歌やディティーを歌い、人形劇を披露しました。おとぎ話は小さなゲストのために語られ、子供たちは順番に、子供たちが私たちのお気に入りのロシアの民話であるおとぎ話をどれほど愛しているかに注意を向けました。現代の母親の中には、子供に民話を伝えたり読んだりする価値があるかどうか疑問に思う人もいます。理解できない言葉や時代遅れの概念がたくさんあります…そして子供たちがロシアのおとぎ話を非常に注意深く好奇心を持って聞くと確信するたびに。

時代遅れの概念…そして子供たちがロシアのおとぎ話を非常に注意深くそして好奇心を持って聞くと私たちが確信するたびに。
休日には、色紙で美しい工芸品、カーニバルのマトリオシュカ人形を作ったり、マトリオシュカ人形を描いたり、リボンや花で美しい頭飾りを作ったりすることができました。ミニバザールでは、お土産や本を購入したり、ロシア料理のおいしい料理を味わったりすることができました。さまざまな詰め物のあるパンケーキ、ないパンケーキ、パイ、餃子、ボルシュなどです。そしてもちろん、メインの大会は「最高のパンケーキのために」の大会でした。 Etadjima-siのElviraが勝者になりました。
休日には、色紙で美しい工芸品、カーニバルのマトリオシュカ人形を作ったり、マトリオシュカ人形を描いたり、リボンや花で美しい頭飾りを作ったりすることができました。 ミニバザールでは、お土産や本を購入したり、ロシア料理のおいしい料理を味わったりすることができました。さまざまな詰め物のあるパンケーキ、ないパンケーキ、パイ、餃子、ボルシュなどです。 そしてもちろん、メインのコンテストは「最高のパンケーキのために」コンテストでした。 Etadjima-siのElviraが勝者になりました。
Shrovetideに関するビデオへのリンク:https://youtu.be/QaAtGR3VPP0